トップへ  目次へ  前ページへ   次ページへ

フィリピンの不動産取引に関する注意点


<契約に際しての注意>
 フィリピンは、欧米流の「書面主義」の国です。契約書は英語で記載されていますので、必要
な場合には、翻訳をしてもらって、条文を十分理解してから、署名しましょう。私どもの事務所
が仲介者になって契約を行う場合には、一般的な契約書の内容を説明し、契約しようとしてい
る物件の契約書との差異をご説明します。


<不動産仲介業者の選び方>
 不動産仲介業者を選ぶ際は、「物件を多く抱えていること」、「契約など不動産の実務に通じ
ていること」、「親身になって相談してくれること」を基準にして選びましょう。また不動産仲介業
者は、万一、契約上の紛争が起こった際には、「仲裁者」としての立場を担うことになります。
仲介業者にとって、貸主様・借主様ともにお客様なので、両者に納得性のある良識ある解決法
をご提案します。


<日本人に転売できる物件を買いましょう>
 まず、一軒家でもコンドミニアムでもフィリピンで不動産を購入されるときは、日本人がその
購入する地域にたくさん住んでいて、日本人に転売しやすい物件を選びましょう。日本人が多く
住んでいるということは、その地域が安全であるという証左でもあります。セキュリティは、フィリ
ピンでは非常に重要です。
 日本人である私たちは、病気その他何らかの理由で日本に永久的に帰国しなければならな
いことが起こり得ます。そして、その不動産を処分して換金する必要が出てきます。しかし、不
動産は流動性、つまり換金性の低い資産であるということをよく認識して、購入の段階から将
来において売却するということを念頭において、少しでも販売しやすい物件を購入しましょう。
急いで売ろうとすると足元を見られ買い叩かれます。


<賃貸>
 フィリピンでは、契約期間が1年間、敷金が2ヶ月、前家賃12ヶ月、礼金なしというのが一般的
です。借主は、先日付小切手を発行し、家主に渡します。
 日本では、賃貸手数料は借主様から頂きますが、フィリピンでは、貸主様から一ヶ月の家賃
相当額を受け取ります。 

 部屋を借りるときに、家主もしくはその代理人から、設置されている備品について説明を受け
ますが、その時にデジカメを持参し、部屋の傷、備品の傷等を写真に撮り、その日のうちにプ
リントアウトし家主に渡し、受取をもらっておくと一年後の部屋の明け渡しの際の有力な証拠に
なります。  


<敷金返還のトラブル>
 フィリピンでは敷金はdepositデポジットと呼ばれ、良心的な家主の場合、ほぼ全額が返還さ
れます。もちろん原状回復が条件になります。しかし、そうでない家主もいます。しかしそうであ
っても大抵は、半分以上の敷金は返還されます。その場合には、交渉することになりますが、
それでも払わない場合は、諦めるしかありません。裁判をしても弁護士に払う費用がかさみ、
その上時間もかかりますので、結局、時間と金の無駄になります。



トップへ  目次へ  前ページへ   次ページへ